小さな衣食住

お金をかけない暮らし・買わない暮らしを目指すミニマリスト主婦のブログ。必要最低限の持ち物と消費で、地球に家族に優しい生活を目指しています。

カレーの鍋を洗うのが面倒。最後に、カレーうどんにすれば、洗いやすいよ。


みんな大好き!

カレーライス!

 

材料ぶち込んで、煮るだけだから、お母ちゃんも楽できるカレー!

 

誰か!!

カレー考えた人に、ノーベルカレー賞あげて!!(*´∀`)

 

 

そんなレベルで素晴らしいカレー。

 

 

 

1つ残念な点が。

 

食べ終わった後の鍋の処理/(^o^)\

 

鍋肌にギトギトと、こびりつくカレー。

中々落ちないカレー。

まっ黄色になる、スポンジやゴム手袋。

オマケに、カレー臭プンプン。

 

嫌気がさしたので、楽して洗う方法を考えました。

 

ずばり。

最後にカレーうどんに、するんです。

 

 

鍋にこびりついたカレーで、カレーうどん

用意するもの

  • カレーが少し残っている、カレー鍋
  • めんつゆ
  • 冷凍うどん
  • ゴムベラ(お菓子作りとかで、よく使うやつ)
  • 油揚げ(お好みで)

 

 

作り方

  1. 鍋を弱火にかける
  2. 鍋の中に、水を入れる
  3. ゴムベラを使って、カレーと水を混ぜ合わせる
  4. 鍋肌のカレーも、ゴムベラでこそげ落として、水になじませる
  5. 中火にする
  6. めんつゆで、味を調える。
  7. 冷凍うどんを入れて煮込む※お好みで、油揚げも一緒に煮込んで下さい。
  8. 火が通ったら完成!

 

お味は?

フツーにカレーうどんです(笑)

 

鍋肌にこびり付いたカレーって、カチカチですよね。

でも、作っている最中に、キレイに溶けてくれます^^

なので、舌触りも、ざらつきません。

 

カレー鍋、楽に洗える?

洗えます。

 

うどんを作る過程で、鍋肌のカレーを、キレイに落としているので、それが効いてます^^

スポンジや束子で、一生懸命ゴシゴシしなくて、大丈夫。

割と簡単に落ちます。

 

ただ、スポンジは、やっぱり黄色くなっちゃいます。

それは仕方ないですね^^;

 

カレー鍋の洗い方

カレーうどんの後も、汚れが落ちにくい場合、我が家は、セスキ炭酸ソーダを使っています。

※カレーを焦がしたりしない限り、滅多にないですが。

 

セスキ炭酸ソーダは、油汚れに強いです。

 

カレー鍋に水を入れて、お湯を沸かし、その中にセスキを投入。

汚れが落ちやすくなったところで、スポンジで擦ってあげると、キレイに落ちます。

 

カレーの後は、カレーうどん!

「そろそろ、カレーうどんかな?」

 

 カレーの残りが少なくなると、我が家では、こんな会話が飛び交います。

 

 

「鍋に、こびり付いたカレーを、食べるなんて・・・」

と思う方もいるかもしれません。

 

でも。

カピカピでも、カレーは、カレー。

 

鍋の中に入ってるし、汚くない。

 

流してしまえば、川や海を汚すだけのカレー汚れ。

それを、美味しく頂けるなんて、得だなーと、思います。

 

オバチャンは、ズボラーなんで、これくらいが丁度いいんです^^