小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による子育て・節約・商品レビューなどの雑記ブログ。

子育ては、昔より今の方が大変らしいよ


f:id:kawanaiseikatsu:20190124094722j:plain

※登場人物の紹介はコチラ

 

「男は外、女は家。」

 

「昔の主婦は、きちんと家事も育児も、こなしていた」

 

「今時は、ワンオペ育児とか言っていて、甘えている」

 

なーんて、声をたまに耳にします。

 

オバチャン。

現在、娘を育てながら、専業主婦やってます。

 

正直、余裕ないです!/(^o^)\

 

「昔の人すごいなー」

と、思わず実母に、こぼしました。

 

すると、

「昔は育てやすい環境だったのよー。今は大変よ。」

と返されてビックリ!

 

そこで、何故、昔は子育てしやすかったのか、聞いてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

昔の方が、子育てしやすかった訳

近所の人が子供を預かってくれた

実母が、私を育てていた時、

近所のおばちゃんが、ホイホイ私を預かってくれたそうです。

 

確かに、小さい時、ご近所の家でお留守番していた記憶があります。

 

昔は、近所で子供の面倒を見るのが、当たり前だったそう。

 

『あたしンち』っていうアニメが、あるじゃないですか。

あれで、みかんが赤ちゃんの頃、近所の人が、毎日交代で銭湯に連れて行く話しがあるんですが・・・。

(見てて羨ましかった!)

 

今なら考えられないですね^^;

 

「赤ちゃんは、家族で育てる」と言うより、「地域で育てる」という、傾向が強かったんですねぇ。

 

子供も、子育てに参加していた

実母が小さい頃。

ご近所の赤ちゃんの面倒を、みていたそう。

 

ご近所さん「お洗濯してくるから、赤ちゃん見ててくれるかな?」

子供の実母「はーい♪」

 

首が座っていない赤ちゃんを、よくあやしていたそうです。

私なんか、自分の子供を産むまで、赤ちゃんに触った事がありませんでした^^;

昔の子供は、赤ちゃんの子守り係だったんです。

 

大家族だった

昔は、祖父母と同居の家庭も多かった。

お母さんが、家事で忙しい時は、祖父母が赤ちゃんを見ていてくれました。

お母さんが、困っていれば、相談にのってくれることも。

 

同居って大変だけど、いい面もあるんですね。

 

赤ちゃんがいて、当たり前の世界

「昔は、そこかしこに赤ちゃんがいたよ」

「赤ちゃんの泣き声は、毎日聞こえて当たり前だったわ」

と実母。

 

昔は、子供が、本当に多かったんですね。

 

現代は、真逆。

 

赤ちゃんの声が毎日聞こえる。

なんて事、中々ありません。

 

世間的には、「赤ちゃんの泣き声=騒音」です。

 

隣近所は、誰が住んでいるか分からない。

家族は、夫、妻、赤ちゃんの3人だけ。

お母さんは、育児も家事も、一人でこなさないといけない。

おまけに、相談できる相手もいない。

夫の帰りも遅いし・・・。

 

「昔の主婦は、しっかりしていた」と言う人もいるけれど。

今と昔では、まるで環境が違う。

一緒にするのは、ちょっと変なんじゃないかなーと思います。

 

「今のお母さんは、ほんと偉いよー^^」

と、実母。

 

家事も育児もダメダメ。

そう思っていた、オバチャンは、ちょっと自信がもてたのでした。

スポンサーリンク
 

 

 

 

次の漫画

 

前の漫画

 

0歳育児漫画 一覧へ