小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による家事・子育てブログ。子育て漫画・少ない物で暮らすコツなどを公開しています。

「専業主婦は楽」「妻一人で子育てするのは当然」と思っていた夫が、一年間育休を取った結果 前編



夫「俺、育休取ろうと思うんだ!(`・ω・´)シャキーン」

 

私「へ!?」

 

産後1ヶ月目。

里帰りしていた私の元に、夫からメールが届きました。

 

私「どうしたの急に?」

 

夫「いやー、子供生まれたら、休むのが夢だったし。上司に聞いたら、いいって言われたから、取ろうと思って」

 

私「・・・。私は助かるけど。大丈夫?育児キツイよ?(´・ω・)」

 

夫「大丈夫、大丈夫!仕事に行くより、マシだって〜(*´∀`)」

 

ブチッ!!(・ω・#)

 

あ、

心の中で、何かキレた音・・・。

 

私「コイツ・・・、育児ナメてんな・・・(# ゚Д゚)」

 

身体があちこち痛む、

細切れの睡眠、

昼夜問わず、赤ちゃんの抱っこ、

慣れない授乳、

よく出る、ウンチとおしっこ、

ギャーギャー泣き叫ぶ、赤ちゃん。

  

産後、私の疲労は、臨界点を突破\(^o^)/

 

・・・生きているのが、やっとの状況でした。

 

スポンサーリンク

 

 

 

夫の育休が決定

夫「育休取れたよー!やった、休みだ!会社行かなくていいなんて、サイコー!(ノ゚▽゚)ノ」

 

数時間、こんなメールが届きました。

 

私「良かったねー、私も助かるわ〜」

 

夫「いつ帰ってくる?寂しいから、早く帰ってきなよ(´・ω・)」

 

・・・その言葉、後で後悔するぞ。

 

私「じゃあ、準備できたら、帰るよー^^」

 

夫よ・・・

・・・目にもの見せてくれるわ(・ω・#)

 

育休を取りたがっていた夫

「子供が生まれたら、育休を取りたい!」

結婚当初から、そう言っていた夫。

 

子供が、特別好きな訳では、ありません。

 

単純に、仕事を休みたいだけ。

 

「仕事を気兼ねなく、おおっぴらに休める!」

「育休=完全フリーダムな時間!」

と思ってるのよね・・・。

 

ハッキリは、言わないけど。

会話してると、そう思ってる事が、丸わかり。

 

そんな夫に、私はイライラ!!

 

「毎日家に居られるなんて、サイコーだよ」

そんなメールが届くたびに、ブチギレそうになっていました。

 

 

里帰りから帰宅、夫、現実に直面

「育児を甘く見るなよおおおお!!(# ゚Д゚)」

そう思いながら、マイホームへ帰還。

 

夫「お帰り〜(*´∀`)」

 

私「ただいま〜、ほらお父さんだよ」

 

ハナ(娘)「ふにゃー!ふにゃー!。゚(゚´Д`゚)゚。」

 

私「抱っこしてみる?」

 

夫「するする!(*´∀`)」

 

夫が抱っこすると、ハナは泣き止みました。

 

私「ねぇねぇ」

 

夫「なに?」

 

私「育休取ったってことはさ、夫は、今日から主夫ってことじゃん?」

 

夫「そうだね」

 

私「家事も育児も半分こしようね!(*´∀`)」

 

夫「まぁ、当然だよね・・・(・ω・)」

 

・・・言ったな。

当然って、言ったな!!

 

内心ガッツポーズ!

 

ハナ「うぎゃああああああああ!!。゚(゚´Д`゚)゚。」

 

夫「なんだ!?なんだ!?どうした急に!?」

 

私「オムツかな?」

 

オムツをチェックする私。

 

私「あー、おしっこだ。」

 

夫「はい、オムツ」

オムツを私に手渡す夫。

 

私「って、こらー!(・ω・#)」

 

夫「だって、替え方分かんないし(´・ω・`)」

 

私「分からないからこそ、実践が大事だよ。教えてあげるから、やってみて」

 

オムツの替え方を、夫に伝授。

 

夫「うーん、上手く替えられないよー。俺、慣れてないし。うな重やってよ(´・ω・`)」

 

私「私だって、産院で教えてもらったのは、1回だけだよ。何回も替えたから上手くなったんだよ。はじめは下手くそだったんだよ。夫も頑張って!主夫なんだから、家事も育児も半分こでしょ!(# ゚Д゚)」

 

夫「・・・分かったよ(´・ω・`)」

 

産後の疲れで苛立つ私。

育児に戸惑う夫。

 

家の中は、だんだんピリピリしてきました。

 

スポンサーリンク
 

 

夜のオムツ替え、夫、発狂

何回かオムツを替えて、コツをつかんだ夫。

 

私「夜のオムツ替え、お願いしていいかな?私は、授乳するから。」

夫「いいよ^^」

 

 夜は、家族で川の字になって、寝ました。

 

私「夜中6回以上起きることもあるから、早めに寝た方がいいよ」

夫「分かったよ^^」

 

さっさと寝る私。

布団の中で、スマホをいじる夫。

 

夜11時。

ハナ「うえええええええ。゚(゚´Д`゚)゚。」

娘の細い鳴き声が、聞こえてきました。

 

パッと目がさめる私。

 

私「ハイハイ、パイね」

授乳。

 

寝ながら、パイを飲むハナ。

夫は、スマホをいじってました。

 

私「まだ寝ないの?」

 

夫「もう少し起きてる^^」

 

私「おしっこしたから、替えてもらっていい?」

 

夫「はいよー」

 

オムツを替える夫。

私は、布団に入りました。

 

ハナ「ふぎゃーふぎゃー」

12時半、またも泣き声。

 

夫「なんだよ〜(´・ω・`)せっかく寝たとこなのに・・・」

 

私「・・・だから、早く寝た方がいいよって、言ったよね(・ω・#)」

授乳後、オシッコをするハナ。

 

私「・・・オムツ、濡れちゃったみたい」

 

夫「さっき替えたばっかりじゃん(;・`д・´)」

 

私「赤ちゃんは、大人と違って、溜めておけないんだよ」

 

夫「はぁー(´Д`)」

 

夫は、渋々オムツを替えました。

 

深夜1時。

ハナ「うぎゃあああああ!」

またまたも、泣き声。

 

私「・・・ウンチだ。夫〜!起きろ〜ウンチだぞー!」

 

夫「眠い・・・眠いよ・・・(´Д`)」

 

私「ウンチだってば(・ω・#)」

 

夫「なんで、夜にウンチするんだよ(´Д`)」

 

私「・・・いや、夫も夜することあるじゃん(^ω^#)」

 

夫「さっきオムツ替えたのに、またしたの?もう、そのままでいいじゃん。」

 

私「ダメだから!!赤ちゃんは、そういうもんなの。しょうがないの!・・・あー、いかん。うんこ漏れてる。」

 

服が、ねっちゃり。

茶色くなってました。

 

夫「ウゲェ!汚な!これどうすんの?∑∑(´Д`;;) 」

 

私「洗うんだよ」

 

夫「・・・誰が?」

 

私「私が洗ってきてもいいよ。その間、夫はウンチの始末してくれる?あと、新しい服着せられる?」

 

夫「・・・俺、洗ってくる」

 

指で、服をつまみあげた夫。

すごい顔で、部屋を出て行きました。

 

後片付けが終わって、1時半。

やっと布団に入ります。

 

夜3時。

ハナ「うえええええ!」

またも、鳴き声。

授乳。

 

私「夫〜、おしっ・・・」

 

夫「ぐおーぐおー!」

 

夫、爆睡。

 

私「・・・しょうがないな」

仕方なく、オムツを替えました。

 

結局。

この晩は、あと3回起きたのだけれど・・・。

 

夫は、スヤスヤ夢の中でした。

 

私「家事も育児も、半分こって言ったのに。嘘つき!(# ゚Д゚)」

イライラしながら、朝を迎えました。

 

スポンサーリンク
 

 

家事も育児も半分こ、なんて無理

育休が始まって、1ヶ月。

 

「家事も育児も、半分こ」

なんて事は、1度もありませんでした。

 

私が家事をしている間は、夫にハナをみてもらい。

家事が終わると、私がハナをみました。

 

というか、

家事をしている間、夫に娘を預けるのも、不安。

 

ハナ「ぎゃーーーーーー!。゚(゚´Д`゚)゚。」

 

夫「なんで泣き止まないんだよ!(# ゚Д゚)」

 

ハナ「うぎゃあああああああ!!。゚(゚´Д`゚)゚。」

 

夫「もー!うるさい!(# ゚Д゚)」

 

隣の部屋から聞こえる、不穏な声。

 

私「ハナ!?ハナ!?大丈夫!?;」 

 

慌てて、夫と娘のところへ。

 

私「どうしたの?」

 

夫「泣き止まないんだよ・・・これじゃ何もできないよ(・ω・#)」

 

何もできないって・・・

 

やってるのスマホゲームじゃん!(# ゚Д゚)

 

私「そんなテキトーな抱き方だからだよ・・・。泣いてる時は、スマホやらないで、抱っこに集中しなよ。」

 

夫「・・・・(・ω・#)」

ふてくされる夫。

 

私「じゃあ、私みてるから、家事してくれる?」

 

夫「いいよ。」

 

私「夕食もお願いできる?」

 

夫「スーパーのお弁当でいい?」

 

私「・・・あのさぁ、私、母乳あげてるから、栄養バランス考えないといけないって、言ってるよね?時間あるから、自炊やろうよ。簡単なヤツからでいいからさ。」

 

夫「じゃあ、ハナみてる」

 

私「も〜!じゃあ掃除と洗濯と、布団干すのやって!料理はいいから!」

 

夫は、せっせと家事をしてくれました。

 

が。

掃除したはずなのに、ホコリが落ちてるし、

布団は抜け毛だらけだし、

洗濯物は、シワシワのまま干すし。

 

・・・頼んだ私が馬鹿だったのか?

 

娘の面倒をみれば、イライラするしさぁ。

 

家事もできない、育児もできない。

 

 

夫よ・・・

 

なんのために、育休とったんだよ!

これじゃあ、大きい子供だよ!

 

スポンサーリンク
 

 

泣き止まない赤ちゃん、キレる夫

ハナ「うぎゃあああああああ。゚(゚´Д`゚)゚。」

 

夫「いい加減にしろ!(#゚Д゚) 」

 

キッチンで料理をしていたら、夫の怒鳴り声が、聞こえてきました。

 

慌てて、見に行くと、

ハナは布団の上で号泣、

その横で、体育座りの夫。

 

私は、ハナを抱き上げました。

 

夫「全然泣き止まない(-д´- #)」

 

私「赤ちゃんは、泣くのが仕事なんだから・・・仕方ないよ」

 

眉間にシワを寄せて、ギュッと目を閉じる夫。

 

夫「泣き止まないと、イライラする・・・。」

 

私「泣き止まなかったら、私、代わるよ」

 

夫「俺、料理できないし」

 

私「夫はできないんじゃなくて、しないだけでしょ。じゃあ、泣いたら、私が抱っこするから、泣くまで、夫がみてて。」

 

そう言って、夫に、ハナを渡しました。

 

夫「俺が抱くと泣くよ」

 

ハナ「うぎゃああああああ」

 

夫「ほらね」

 

私「じゃあ、泣き止まなくてイライラしたら、置いていいから」

 

そう言うと、夫は

「ドンッ!」とハナを、布団に置きました。

 

私「ちょっと!乱暴にしないでよ!何かあったらどうするのよ!!」

 

その瞬間。

 

堰を切ったように、言葉が溢れ出しました。

 

私「大体、一番子供欲しがってたの夫じゃん!子供生まれたら大変だよって、口酸っぱく言ったよね!?自分の時間ないよって。赤ちゃんが泣いてるのに、スマホゲームするとか、あり得ないから!私が大変だから育休取るとか、言ってたけど、嘘だよね?本当は、ただ会社休みたかっただけだよね!私、分かってるんだからね!育休とったのに、家事も育児もできないって、どう言うこと?上手くなろうと努力もしないじゃん!本だって家にあるのに、読もうともしない。スマホゲームばっかり!私は、ハナが生まれる前から、ずーっと勉強してたよ!夫は育児も家事も、ハナっからやる気ないじゃん!!!」

 

夫「・・・・・・ゴメン・・・知らな・・・かったんだ」

 

私「・・・え?」

 

夫「専業主婦が・・・こんなに大変なんて、知らなかったんだ。」

 

!?!?!?

 

よっしゃあああああ!

主婦の大変さを認めたな!!

 

内心ガッツポーズ!

 

 

が、

 

一瞬で我に返りました。

 

・・・・だからなんなんだ?

 

 

夫が、専業主婦の大変さを理解したところで、一体何が変わるんだ?

 

夫「・・・もう疲れた。休みたい・・・眠りたい・・・」

 

疲労困憊の夫。

泣き叫ぶ娘。

産後で、キリキリしてるBBA

 

まるで地獄絵図/(^o^)\

 

夫をディスって、

こんな事がしたかったのか・・・

・・・私は 。

 

夫婦って、罵り合うんじゃなくて、助け合うもんだよね・・・

 

・・・馬鹿か私は。

 

「なんとかせねば」

 

目の前の惨状を目にして、そう思う産後BBAなのでした。

 

後半へ続く!