小さな衣食住

お金をかけない暮らし・買わない暮らしを目指すミニマリスト主婦のブログ。必要最低限の持ち物と消費で、地球に家族に優しい生活を目指しています。

6年間。3日に1回着ていた服。a piece of Libraryのリネンレースシャツを手放しました


お気に入りのシャツに、穴が空きました。

f:id:kawanaiseikatsu:20190408220126j:plain

お直しも考えましたが。

生地が薄くなって、下着が丸見え^^;

(ワオ!)

 

昔なら、そのまま着続けていましたが・・・。(え?)

娘もいるし、やめる事に。

ボロボロのシャツ、手放しました。

 

※BBAが長年着用した、ヨレッヨレのシャツの画像が、多数あります。

受け付けない方は、ブラウザを閉じてね。

 

スポンサーリンク

 

 

a piece of Library のリネンレースのシャツ

シャツは、「a piece of Library (アピースオブライブラリー)」という、メーカーのもの。

ナチュラル系のお洋服ブランドです。

※メーカー公式サイトが出てこなかったので、楽天のリンクで失礼します。

 

オバチャンが、まだ社畜だった20代の時に購入。

 

はじめの3年はオフィスで、残りの3年は部屋着として、使っていました。

 

着用頻度は、3日に1回。

四季を通してずーっと着ていたので、かなりヘビロテしていました。

 

素材はリネンなので、夏は大変過ごしやすいです。

冬でもインナーを着れば、暖かく過ごせます。

 

2年使って、縫い目の糸がほどけたので、縫い直しました。

もう1年使ったら、生地が薄くなってシースルーに^^;

 

でも、デザインが好きで、手放せず。

部屋着として、使っていました。

 

スポンサーリンク
 

 

袖と襟のレースが素敵

袖と襟に、レースが入っています。

 

袖のレース↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190408220120j:plain

 

襟はこんな感じ↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190408220107j:plain

オバチャン。

レースが、死ぬほど似合わないんですが。

 

このシャツは、甘すぎないレースで、しっくりきていました。

レースが好きで、手放せなかった、というのが大きいです。

 

黒ずんだリネンのクルミボタン

f:id:kawanaiseikatsu:20190408220049j:plain

長年の使用で、クルミボタンが、黒ずんでいます。

 

酸素系漂白剤で、煮洗いすると、多少綺麗になるんですが。

部屋着にしてからは、やっていませんでした。

 

3年分の汚れが、溜まっています。

 

プリーツの埃

何故か、背面のプリーツ部分に、埃が溜まっている!

f:id:kawanaiseikatsu:20190408220257j:plain

青丸のとこですね^^;

分かりにくいですが。

 

コレ、残念ながら取れませんorz

この埃も、手放そうと思った、要因だったりします。

 

しわっしわのシャツ

写真の通り、シワシワのシャツです。

外で着ていた時は、アイロンかけて、ピチっとさせていましたが。

 

部屋着にしてからは、シワシワのまま。

リネンのシャツなので、味と捉えても、いいのかもしれませんが。

オバチャンが着ると、ただの貧乏人にしか見えない^^;

 

シャツの穴の部分

穴は、脇のちょい横に開きました。

f:id:kawanaiseikatsu:20190408220246j:plain

服って縫い目から、「バリッ!」といくことが多いよねー。

 

これくらいなら、普段なら、縫っちゃうんだけど・・・。

シースルーだから、手放すよぅ(T T)

 

スポンサーリンク
 

 

思い出のシャツ、今までありがとう

社畜時代から、私の身体を守ってくれたシャツ。

本当にありがとうー。

 

ボロ好きとしては、ツギハギだらけにして、着てみたかったけど。

 

生地が黄ばんでるし、プリーツに埃入ってるし、シースルーだし。

育児で、針仕事が、なかなか出来ないから、手放すよ。

 

手放す前に、ウエスとして活躍してもらう予定です。

最後のひと仕事。

お願いしますね、シャツさん。

 

「捨てる」に関する記事をもっと読む