小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による家事・子育てブログ。子育て漫画・少ない物で暮らすコツなどを公開しています。

【生後10ヶ月】ネントレ・夜間断乳レポ 2日目【添い乳なしでスッと寝た!】



0ネントレ ・夜間授乳の2日目レポです。

 

1日目は、こちら↓

 

我が家で実施した、ネントレの詳細はこちら↓

 

生後10ヶ月で、ネントレを始めた、ハナ(娘)

 

初日はギャン泣きづくしで、大変だったなー・・・。

2日目は、どうなる事でしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ネントレ・夜間断乳 2日目レポ

20:30  寝室へ移動

1日目同様。

寝室に下した瞬間、元気に探索開始!

寝る気配、全くなし!

 \(^o^)/

 

でも、15分くらいすると、目をこすりはじめました。

 

「さっさと添い寝した方が、早く泣き止むかな?」

と思い、添い寝の姿勢へ。

 

が。

添い寝すると、ギャン泣き!

ギャン泣きの赤ちゃんに添い寝するイラスト

 お腹ポンポンと子守唄で、眠りを誘います。

 

泣いては、いるものの。

目をこすったり、頭を引っ掻いたり。

眠い時のサインが。

 

段々、泣きが弱くなってきました。

 

21:19 寝る

あれれ!?

寝た!?

 

寝ちゃったよ!?

 

嘘でしょ!?

昨日の大乱闘が嘘みたい!

添い乳なしで、スッと寝たのは、産まれて初めてです!

 

乳なしじゃ、眠れないと思っていたのに・・・。

感動(T T)

 

私が思っている以上に、ハナは成長していたんだな。

 じ~ん!

 

・・・まぁ。

 

単純に、

昨日のギャン泣きの疲れが、残っていた、だけだと思うけど。

0歳児なのに、疲れを明日に持ち越しちゃったのね・・・。

 

21:50 ギャン泣き、子守歌大作戦

感動したのも、つかの間。

 

30分で起きましたw

オムツをチェックすると、濡れてる!

 

「なーんだ!オムツのせいか!あはは!」

オムツを替えれば、眠るだろう^^

 

と思ったんですが。

 

甘かった!

 

替えたところで、ギャン泣きは収まらず。

 

昨日、一晩中泣いていたせいか、声が枯れているハナ。

抱っこして、哺乳瓶で白湯を飲ませました。

 

子守唄とポンポンが疲れてきたので、手を胸において、泣き止むのをひたすら待ちました。

 

泣き声は、弱くなったり、強くなったりの繰り返し。

 

「もしかして・・・」

 

「自分の泣き声にコーフンして、余計泣いてるんじゃ?」

 

そう思って、泣きが弱くなったところで、子守唄を歌ってみました。

 

耳元で優しく。

 

私「ね~むれ~、ね~むれ~」

ハナ「うぎゃああ・・・・うー、うー・・・」

 

泣きが収まってきた!!

 

子守唄すごい!

 

泣き声で高ぶる前に、子守唄で、気をそらせばいいんだ!

 

そして。

ズビズビ言いながらも、泣き止みました。

 

が。 

ネタかと思ったら、すぐにグズグズ。

 

泣くけど、子守唄を聞かせると、すぐ泣き止む。

 

「泣く→子守唄→泣く→子守唄」を、延々繰り返しました。

 

スポンサーリンク
 

 

22:20 寝る

格闘の末、就寝。

私も、力尽きて眠りました。

 

00:00 夜泣き 白湯の補給

弱弱しい泣き声が。

 

喉がガラガラなので、何か飲ませてあげたい。

哺乳瓶で白湯を飲ませてあげました。

 

哺乳瓶に慣れていないハナ。

相変わらず、飲み始めは拒否。

 

でも、哺乳瓶から、白湯が出ることが分かると、コクコク飲んでくれました。

 

00:00~05:00 1時間のおきにプチ夜泣き

その後。

1時間おきに「ふえー!」っと、泣きました。

 

でも、お腹トントンすると、すぐにグ~。

寝言かな?

 

06:10 起床そして授乳

 盛大に泣き始めました。

「流石にお腹がすいたんだろうな」と思い授乳。

1日目同様、がっついてました。

 

この日は、2度寝せず、そのまま起きました。

 

スポンサーリンク
 

 

2日目終了後の日中帯の様子

日中帯は、ほぼ平常運行でした。

 

1日目は、2日酔いのサラリーマンの如く不機嫌でしたが、この日はご機嫌でした。

 

希望が見えてきた2日目

添い乳なしで、スッと寝た。

 

ギャン泣きする前に、子守歌を歌うと、泣きが弱くなる。

 

1日目とは、打って変わって、なんとなく希望が見えてきました。

 

母子ともに安らかに眠れる日は、来るのか!?

 

3日目に続きます。

 

3日目レポ↓

 

ネントレ1日目の体験談はこちら↓

 

ネントレの記事をもっと読む