小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による家事・子育てブログ。子育て漫画・買わない暮らしのコツなどを公開しています。

天涯孤独?かわいそう?我が家が一人っ子に決めた理由


昨年。

第一子のハナ(娘)が、生まれました。

 

我が家は、二人目は考えておらず、一人っ子の予定です。

 

「兄弟がいないなんて、かわいそう!」

「一人っ子だと、ワガママになるよ?」

 

何かと、批判される一人っ子ですが。

 

まぁ。

色々理由があって、一人っ子に決めた訳でして。

 

今回は、我が家が一人っ子に決めた理由を、書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

我が家が、一人っ子に決めた理由

貧乏だから

えー。

ある意味一番の理由です。

 

家政婦さんが、常駐してくれるレベルの富豪だったら、二人目を考えたかも、しれません。

 

ま。

現実は、貧乏です。

 

現在、私は専業主婦です。

 

でも。

娘の学費や、老後のお金を考えると、どう考えても、働かないとヤバイ。

 

私も、かつて働いていました。

でも、妊活の為に、仕事を辞めました。

 

過労で「働きながら、子供を作るのは、無理」と、医者に言われました。

 

娘が、もし大学に行くなら、奨学金無しで、行かせてあげたい、と思っています。

私が、働けば、多分、叶うと思います。

 

「子供一人なら、なんとかなる」

そう思ってます。

 

が。

二人いたら、無理。

 

食べていくだけで、精いっぱい。

学費に当てられるお金なんて、残らないでしょう。

 

そんな切羽詰まった環境で、娘を育てたくない。

 

食べたい物を食べて、たくさん遊んで、欲しい物も、たまに手に入る、

ささやかなだけど、家族旅行も楽しめる、

くらいの生活を、娘に、させてあげたいです。

 

風疹の抗体がないから

私。

風疹の抗体がありません。

 

厳密に言うと、抗体が、できない体質なんです。

 

妊娠前、風疹のワクチンを、3回打ちました。

 

が。

打った後も、抗体は、8未満。

 

医者「こりゃあ、体質だからしょうがないよ。」

医者も、匙を投げました。

 

妊娠中、風疹になると、子供に障害が残る可能性があります。

 

風疹の抗体がない私。

ハナを妊娠していた時は、怖くて、家に引きこもってました。

 

第二子を妊娠したら。

引きこもっている訳に、行きません。

 

ハナを、幼稚園に連れて行かないと、いけない。

幼稚園は、感染症が蔓延する事があります。

 

幼稚園だけでなく、人混みの中へ、出かけることも、あるでしょう。

 

風疹になったらと思うと、怖くて、怖くて。

とても二人目を、考えられません。

 

実家に頼れない

今は、実家を頻繁に頼らせて、もらっています。

 

でも。

両親は高齢。

 

第二子は、頼れない。

 

最近、両親は、体調を崩しがちです。

でも、無理して、ハナを預かってくれる事が、あります。

 

「心配させたくない」

と、体調が悪くても、親は中々言ってくれません。

 

なので、知らずに預けてしまうことも。

 

夫と二人で、回していけるようにならないと。

日々思います。

  

私の体力がない

私自身、貧弱です。

 

昔は、徹夜で、ガンガン仕事してたんですけど。

過労で倒れてから、無理が、きかなくなってしまいました。

 

産後。

無理したら、痛い目にあいました^^;

 

もう体中、ボロボロ。

 一人を育てるだけでも、ヒーヒー言ってるので、二人は無理です。

 

お産がトラウマだから

ハナを産んだ時。

誘発分娩だったんですが。

 

26時間、陣痛に、もがき苦しみました^^;

 

お産が全然進まなくて。

 

やーもー。

今考えただけでも、ちょっと震えるw

本当に辛かった〜

 

ちょっとした、トラウマなんです^^;

 

誘発分娩体験談は、旧ブログで読めたりします↓

次が同じとは、限らないけど。

同じじゃないとも、限らないので。

 

産後が辛かった

分娩も辛かったですが、産後も辛かった。

 

過労で倒れてから、睡眠不足に、めっぽう弱くなってしまいまして。

ハナを産んだ後は、眠れなくて、精神崩壊を起こしそうになってました。

 

もう一回、アレを経験するのは、正直ゴメンです。

二人目を産んだら、ワンオペ育児確定だし。

産後をワンオペでなんて、考えただけで、鬱になります^^;

 

スポンサーリンク
 

 

一人っ子は、ワガママでも、不幸でもない

一人っ子は、ワガママ。

一人っ子は、不幸。

 

と言う方も、いらっしゃいますが。

 

私は、そんな事ないと思っています。

 

兄弟がいようがいまいが、

ワガママな人は、ワガママだし、

不幸な人は、不幸です。

  

他人を思いやる優しい人、

 

社交的で明るい人、

 

たくさん友達がいる人、

 

今まで生きてきて、そんな一人っ子に、何回もお会いしました。

 

ワガママ、

不幸、

天涯孤独、

 

それは、一人っ子せいではなく、

個性からくるモノ、じゃないでしょうか。

 

それに。

兄弟がいれば安泰。

という訳では、ありません。

 

「兄弟リスク」なんて言葉も、あるくらいです。

 遺産相続、兄弟の面倒、「弟ばっかりずるい!」、

などなど。

兄弟がいるからこその、悩みもあります。

 

子供の幸せに、兄弟の有無は、関係ないのでは、ないでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

一人っ子の育児を満喫しよう

あ。

念のため書きますが、

「兄弟が悪い」

と言っている訳では、ありませんよ!

 

兄弟がいたら、それはそれで、楽しいです。

 

私も二人っ子なので、わかります。

 

一緒に遊んだり、喧嘩したり、仲直りしたり、

兄弟ならではの、楽しさもあります。

 

それと同じように。

一人っ子には、一人っ子ならではの、楽しさがあるんじゃないでしょうか。

 

私は、一人っ子ではなかったので。

その楽しさを味わった事はありません。

 

だから。

「一人っ子の楽しさ」を、これから、娘と一緒に味わい尽くします。

 

娘の育児、

めいっぱい、楽しみたいと思います^^