小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による子育て・節約・商品レビューなどの雑記ブログ。

生きる力を養うエンターテイメント!節電・節水・節ガスの必要性と良さについて。


節電、節水、節ガス。

 

どんなイメージがありますか?

 

「大変」

 

「辛い」

 

「苦しい」

 

「貧乏人がする事」

 

そう思います?

 

ええ、ええ。

 

実は、私もそう思っていました。

 

ま。

確かにそうなんですが。

 

実はね。

 

生きる力を養うエンターテイメントなんだよ。

 

って、言ったら驚きます?

 

スポンサーリンク
 

 

 

ライフラインがストップして詰んだ話

東日本大震災の時。

 

私は、独身で、勤め人でした。

 

住まいは、宮城県。

震度は6弱。

 

ライフラインは、全部ストップ。

 

家の中は、めちゃくちゃ。

 

「片付けたい・・・」

 

でも、

掃除をしようにも、掃除機は使えない。

 

寒い。

 

でも、

こたつは、ただのテーブル。

 

家電製品は、ぜーんぶ、無駄にでかいオブジェ!

 

最新式の電子レンジも、コンパクトでカッコイイ掃除機も、みーんな役立たず!

 

電気、ガス、水道に、頼り切っていた私。

 

「私って・・・。掃除すら、自分で出来ない、おバカちゃんだったのね・・・」

 

電気が無くなって、初めて、気がつきました。

 

スポンサーリンク

 

 

3月に水風呂に入った話

水道・電気、1週間。

ガス、1ヶ月。

 

ライフラインが、戻るまでに、かかった期間です。

 

震災から1週間後。

身体の痒みに耐えられず、お風呂に入る事に。

 

ガスが、使えなかった我が家。

お風呂は水風呂。

 

季節は3月。

東北の3月は、寒いよ!

 

だが、身体も痒い。

思い切って、水風呂に入ってみました。

 

「うびゃあ!」

 情けない声をあげて、飛び上がる私。

 

全身さぶイボ!

 

「コンロは、IHだから使えるじゃん!バカなの私!?」

気を取り直して、お湯を沸かしました。

 

バケツ1杯のお湯。

それで、全身洗います。

 

ざばば〜

髪の毛を洗って、終了!

しかも、若干、泡が残ってる!

 

背を丸め、震えながら、湯を沸かす、独身女(彼氏いない歴=年齢)

 

やばい!こわい!

 

「・・・いつも、シャワー流しっぱなしだったな」

 

「こんな事になるなら、日頃から少ないお湯で、身体を洗うんだった・・・。そしたら、へっちゃらだったのに。」

 

自分の行いを、悔やんだのでした。

 

水、電気、ガスを使いまくる代償

水・電気・ガス。

どれもスイッチ一つで、簡単に手に入ります。

 

手軽だから、ついつい無駄遣いしがち。

無限にあると思っちゃう。

 

ジャブジャブ使える生活は、ノンストレス!

むしろ、それが当たり前!

 

でも、本当は、当たり前じゃない。

 

本来、水は川で汲んでくるものだし、火は自分で起こすもの。

 

電気・ガス・水道は、貴重な資源。

 

説教したい訳じゃないんです。

他人の使い方に、ちょっかい出したい訳でもない。

 

ジャブジャブ使ってもいいんです。

経済も回るし。

 

ただね。

ジャブジャブ使えば、使うほど、ライフラインに依存します。

 

地震大国の日本。

ライフラインが、長期停止する可能性を、常に孕んでいます。

 

ジャブジャブの人から、ライフラインを取ったら、

どうなるでしょう?

 

「・・・死ぬかも」

 

そう思うはず。

 

かつての私と同じように。

 

ジャブジャブ使う人。

一見、快適に見えますが。

 

実は。

首に、縄が、かかっています。

 

ライフラインが、なくなった瞬間。

縄は、首を絞め上げます。

 

スポンサーリンク
 

 

ライフラインの節約で、生きる力を取り戻す

そうは言っても。

電気・ガス・水道、無いと生きていけません。

 

けれど、依存度を低くする事は、できます。

 

例えば、掃除機をやめて、箒にしたり。

保温調理を、取り入れたり。

浴槽のお湯で、身体を洗ったり。

 

節約すれば、いざという時、慌てずに、済みます。

被災しても、それほどストレスを感じず、生活出来るかもしれません。

 

「食料と水。カセットコンロがあれば、当面生きられる!わっはっは!」

そうなったら、しめたもの。

 

ライフラインの節約は、生きるための知恵と技術を、養う訓練です。

 

更にエンターテイメント!

電気を殆ど使わないで生活している、アフロの元記者、稲垣さん。

駅では、エスカレーターに乗らず、階段を上り下り。

 

夜は、電気もつけない。

帰宅したら、目が慣れるまで、玄関でじっと待つ(笑)

 

電気が無い生活は、すごく快適だそう。

 

暗闇で入るお風呂は、まるで高級露店風呂。

階段の上り下りは、フィットネス!

 

町や自宅が、まるで違うモノに、見えるんだとか。

大冒険してる気分に、なれるそうです。

 

更に頭脳もフル回転!

 

「電子レンジを使わないで、冷凍したご飯を、美味しく解凍できるかな?」

「いや!いっそ、冷蔵庫は捨てられないかな!?」

 

あれこれ試行錯誤。

ワクワク、ドキドキ!

 

まるで、エンターテイメント!

 

スポンサーリンク
 

 

ライフラインに依存しない生活を目指して

えーっと。

偉そうことを書きましたが。

 

オバチャンは、ライフラインに、依存しまくりでっす!

(オイ!)

 

電気・ガス・水道、全て無駄使いしてます!

ごめんなさい!

 

昔、散々な目にあったのにね。

 

忙しくってさ。

すっかり、忘れてたわw

 

やー、最近ね。

節電とか節水の本を、読んだんだよね。

 

「やっぱり、本腰入れてやらないとマズイよなぁ。」

と、改めて思ったんですよ。

 

※オバチャンは、すぐ感化されます。そして真似をしたがります。

 

だから。

この記事は、自分に向けて書いた記事(笑)

 

ブログで宣言したんだから、ちゃんとやれよ!自分!

 

もう、震災の時の過ちを、繰り返したくないしね。

 

節電・節水・節ガスやっていきます。

 

「ライフラインが、止まっても、3日はヨユーだよね!」って、

サラッと言える主婦、カッコいい!

 

そうなれるよう、頑張るよ!

 

因みにオバチャンが影響を受けた本↓

記事中にも書いた本。

節電痛快エッセイ!

サクサクのスナック菓子みたいな文章。

でも、深イイ!

これを読むと、直ぐに節電したくなります。

 

電気代は家族四人で500円。

東京にお住まいです。

節水にも、お力を入れていて、すごい。

ガチ勢です。

アズマさんは、ライフラインが1週間くらい止まっても、平然としていそうですね。

痺れるぅ!

 

現代人から、電気を取り上げるとこうなるよ↓

サバイバルファミリー
 

ライフラインに依存しまっくてた、とある家族。

電気が止まって、さぁ大変!

 

他人事に思えなかった映画。

現在、プライム会員さんは、無料で見られますので、是非。