小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による子育て・節約・商品レビューなどの雑記ブログ。

食器洗いスポンジは、いらない。ふきん、サラシでできるよ。


食器洗いスポンジは、ごく普通の布で代用する事ができます

 

ここでは、食器洗いに適した布である、布巾とサラシについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

食器洗いに適した布は?

  • 麻・綿100パーセント
  • タオル地などの起毛素材ではない
  • 薄手

 

であれば、どんな布でも、良いです。

 

麻・綿なら、煮沸消毒・漂白が可能です。

長く清潔に、使う事ができます。

 

タオル地だと、汚れが、こびりついてしまいます。

起毛のない生地が、オススメ。

 

薄手の生地であれば、乾きも早く、嫌な臭いもしません。

 

食器洗いスポンジの代用品

サラシ・手ぬぐい

一番オススメの布です。

 

我が家は、こちらを愛用しています↓

イサム商会 玉川晒 10M

イサム商会 玉川晒 10M

 

 50センチほどにカットして、使っています。

 

食器を洗う時は、折りたたんだサラシに、洗剤をつければオーケー。

スポンジに比べると、泡立ちは悪いです。

でも、キレイに洗えます。

 

スポンジと同様の手順でも洗えますが、サラシで食器を洗うコツを、こちらで紹介しています↓

この手順を踏むと、汚れが落としやすいです。

 

サラシは薄いので、すぐ乾きます。

なので、嫌な臭いもしません。

 

また、薄手なので、洗えば、生地に付いた食べかすは、キレイに落ちます。

 

生地は、切りっぱなし。

だから、縫い目に、汚れが溜まりません。

 

煮沸消毒・漂白もでき、耐久性も抜群。

 

サラシで食器を洗うメリット・デメリットは、こちらで詳しく紹介しています。

良かったらどうぞ。

 

ふきん

ごく普通のふきんでも、洗うことができます。

食器を拭くふきん、台ふきんでも、洗えます。

サラシと異なる点は、厚みがあり、生地の端が縫われていること。

 

厚みがあるので、生地によっては、泡立ちが良い物もあります。

ただ、スポンジの泡立ちと比べると、やはり劣ります。

泡立ちは悪いですが、汚れはしっかり落ちます。

 

サラシと違い生地の端が縫われているので、糸がほつれてくる心配もありません。

 

ただ。

生地が厚い分乾きにくい、

生地の端が縫われているため、汚れが溜まりやすい、

というデメリットもあります。

 

食器洗い専用ふきん

食器洗い用に開発された、ふきんも販売されています。

 

デコボコとした綿の糸で作られているので、汚れを絡めとってくれます。

洗剤のいらない製品もあります。

 

難点は、お値段が、お高いこと。

けれど、スポンジの何倍も長持ちします。

 

素手

極論ですが、食器は素手でも洗えます。

油汚れが酷い物は、厳しいですが。

 

ご飯と味噌汁が入っていた、お椀くらいなら、いけます。

 

我が家も、少量の食器なら、素手で洗うことがあります。

素手で洗うと、汚れの落ち具合が、分かります。

なので、洗い残しがありません。

 

手荒れが気にならない、油汚れが少ない。

そんな方は、素手で洗うのも良いかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

食器洗いは、

  • 麻・綿100パーセント
  • タオル地などの起毛素材ではない
  • 薄手

の条件を満たす布であれば、どんな布でも洗えます。

 

キッチンスポンジに煩わしさを感じている方は、是非試してみて下さいね。

とても快適ですよ。

 

食器洗いに愛用しているサラシ↓

イサム商会 玉川晒 10M

イサム商会 玉川晒 10M

 

 

オススメ記事

 

 

生活用品の代用品 一覧ページへ 移動する