小さな衣食住

お金をかけない暮らし・買わない暮らしを目指すミニマリスト主婦のブログ。必要最低限の持ち物と消費で、地球に家族に優しい生活を目指しています。

髪を乾かすのにドライヤーは、いらない。タオルと防水枕カバーで、代用できるよ。


ドライヤー。

最近、全く使っていません。

 

1歳の娘がドタバタして、もうね。

乾かしてる暇なんてないよ。

 

でも、なんとかなってます。

それもこれも、タオルと防水枕カバーのお陰です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドライヤーなしで、髪の毛を乾かす方法

 

タオルドライ

お風呂から上がったら、髪の毛の水分を可能な限り、タオルで吸い取ります。

 

私はロングなので、ロングヘア―の場合の乾かし方を、ご紹介します。

 

まず、お風呂から出たら、髪の毛を雑巾みたいに絞ります。

ギューっと。

 

ある程度、水分が抜けたら、フェイスタオルを用意します。

 

フェイスタオルで髪の毛をサンドします。

一度にサンドする毛の量は、少なめの方がよく水が切れます。

 

ギューっとしなくて、オッケー。

抑えるだけで水分がとれます。

 

生え際から、毛先まで、髪の毛全体にやります。

 

娘の面倒を見ながらなので、お風呂上りに念入りなタオルドライは、出来ません。

料理をしながら、授乳をしながら。

スキマ時間でやってます。

 

手ぬぐい髪の毛に巻く

タオルドライが終わったら、自然乾燥させるのですが。

家事をする時に、髪の毛が邪魔です。

なので、手ぬぐいを髪に巻きます。

 

手ぬぐいの端と端を、頭の後ろで結びます。

こんな感じ↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190521224233j:plain

中学校の調理実習みたいですね。

 

かがんでも、髪が垂れる事がないので、とっても便利です。

 

防水枕カバーの出番

寝る時までに、髪が乾いてくれれば、いいんですが。

乾かない日もあります。

 

濡れた髪の毛で、寝ると、枕にカビが生えるので、不味いです。

そこで、防水枕カバーの出番。

防水枕カバーなら、濡れた髪の毛のまま、寝ても大丈夫です。

 

私はこれを使っています。

ロング綿パイルの防水ピロケース(製品サイズ50×91cm/50×70cmピロ―用/Lサイズ)イエロー
 

元々、娘のヨダレ、オムツ漏れ対策で購入したもの。

ちょっとビニールみたいな、カサカサ音がします。

でも、慣れました。

 

快適に眠れています。

 

スポンサーリンク
 

 

ドライヤーがなくても生きていける

いかがでしたでしょうか。

髪の毛を乾かすだけなら、ドライヤーなしでも生きていけます。

 

偉そうな事書きましたが。

我が家にドライヤーあります。

 

使っています(オイ!)

髪の毛を乾かす為には使わないんですが。

 

娘が、お布団にオシッコをひっかけた時に、使います。

布団乾かすのに、必要なのよねー。

雨の日は外にも干せないし^^;

 

髪の毛を乾かすだけでなら、ドライヤーは無くても平気です。

ドライヤーなし生活、どうでしょうか。

 

生活用品の代用品 一覧ページへ 移動する