小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による家事・子育てブログ。子育て漫画・買わない暮らしのコツなどを公開しています。

無駄で、もったいない。ラップを使わない・買わない生活。ラップの代用品をご紹介します。


お皿に、かぶせるラップ。

 

我が家は、ほとんど使いません。

 

「ラップを使わない生活って、難しいのかな?」

 

そう思っていましたが。

 

やってみると、できちゃいました^^

 

今回は、ラップの代用品をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

ラップの代用品

食器やボール

食器や、ボールを使います。

 

使い方は、至ってシンプル。

ラップをしたいお皿の上に、のせるだけ。

 

平たいお皿には、お椀や、ボールをのせます↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190708122352j:plain

お椀には、平たいお皿をのせます↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190708122340j:plain

 

電子レンジで食品を温める時や、冷蔵庫で食品を保存する時に、この方法を使っています。

 

お皿をお椀に、のせる時のコツ

大体は、お皿をひっくり返して、お椀にのせるんですが↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190708122347j:plain

それだと不安定な事も。

 

そういう時は、お皿をひっくり返さないで、そのまま使うと安定します。

f:id:kawanaiseikatsu:20190708122344j:plain

お皿って底の方は、なだらかに丸みを帯びている物が、多いです。

この方が、お椀からお皿が、落ちにくいです。

 

乾いた布巾

蒸かしたジャガイモなどを、冷ましている間の埃よけに、乾いた布巾を使っています。

 

我が家はサラシを愛用中。

ラップと違って蒸れないので、とても良いです。

濡れ布巾

食品を乾燥させたくない時は、濡れ布巾を使います。

我が家は、サラシを濡らしたものを、愛用中。

 

お冷のご飯を保存する時に、使ったりします。

ご飯の入ったお椀に、濡れ布巾をかぶせます。

 

ただ、この方法。

時間が経つと布巾の水分が蒸発します。

布巾が渇くと、中の食材も乾いてしまいます。

 

長期保存には向きません。

 

長く保存したい場合は、後述の食品パッケージ 、空き瓶、シリコンラップ、ミツロウラップ、食品保存容器などが、オススメです。

 

蠅帳・フードカバー

食卓のおかずに、虫が止まらないようにする道具です。

昭和では、どの家庭でも見かけたそう。

 

とっても便利なので、我が家では毎日使っています。

 

作り置きやお弁当を冷ます時、おかずを食卓に置いておく時に、大変便利です。

 

カバー部分は、丸洗いできます。

リーズナブル、頑丈、清潔。

いいことづくしです。

 

食品パッケージ

お菓子の袋や、乾物の袋などを、使う方法です。

 

お皿ごと、袋の中に入れて、保管します。

袋の口は、折ってお皿の下にしまいます。 

※メーカーは、食品の保存に流用する事を考えて、パッケージを作っていないので、自己責任で、使用して下さい。

 

「食品パッケージを使うなんて、貧乏くさいかな?」

と、昔は思っていたんですが。

 

来客は滅多にないし。

誰か来ても、冷蔵庫の中なんて見ないし。

 

「ま、いいか」となりましたw

 

この食品パッケージ。

見た目は、イマイチですが、保存袋としては優秀です。

何せ、食品を保存するために、作られたのですから。

 

パッケージに、PPと表記されている袋であれば、空気、臭いを通しません。

冷蔵庫での保存に、向いています。

 

PP素材かどうかは、食品パッケージの裏に、大体書いてあります。

 

例表記↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190408120931j:plain

コチラの食品パッケージは、外装PPとなっているので、食品の保存に向いています。

 

PP素材の食品パッケージは、ゴミ袋としても優秀。

ゴミ袋として使う方法はこちら↓

 食品パッケージは、ラップ替わりに使った後、ゴミ袋にも出来るので、便利です。

 

空き瓶

ジャムや調味料などの空き瓶を、保存容器として、使う事もできます。

密閉できるので、臭いが漏れません。

我が家は、残ったおかずを、入れています。

煮沸消毒も出来て、衛生的です。

 

シリコンラップ

シリコンで出来たラップです。

100均一でも売っています。

ラップに近い感覚で使えるのが、魅力。

洗って何回も使えます。

 

ミツロウラップ

ミツロウを主原料とするラップです。

おにぎりを包んだり、お皿に蓋をしたり。

普通のラップに近い使い方が、できます。

 

洗って繰り返し使えるので、とってもエコ。

 

欠点は、電子レンジ不可、生肉などを包むのに向いていない、暖かい料理が包めない点。

 ※ミツロウなので、熱で溶けます。

制約もありますが、うまく使えば、便利な製品です。

 

電子レンジ用フードカバー

電子レンジで、食品を温める時は、お皿にのせる電子レンジ用の蓋が便利です。

殆どの物がプラスチック製ですが、使いまわせるので、ラップよりエコ。

密閉性はないですが、冷蔵庫で食品を保存する時にも、使えます。

 

スポンサーリンク
 

 

ラップがいらない蓋つき保存容器

ラップいらずの蓋つき保存容器を、ご紹介します。

 

お惣菜を保存したり、食卓にそのまま出したり、大変便利です。

我が家は、この容器のお陰で、ラップの使用を、大幅に減らせました。 

 

iwakiの耐熱容器

オーブン・電子レンジOKの保存容器。

本体は耐熱ガラス、蓋はプラスチックで、出来ています。

※蓋はオーブン不可

 

我が家では、作り置きや、夫の朝ご飯を、コレに保存しています。

食べる時になったら、容器ごと電子レンジに、イン。

温まったら、そのまま食卓へ。

 

ガラスなので、見た目もステキです^^

 

欠点は、密閉できない事と、蓋がプラスチックな事。

 

蓋がプラスチックの為、油汚れが着くと落ちにくいです。

カレーを保存する時は、プラスチックの蓋に付かないよう、気を付けて使っています。

 

蓋は、容器の上に、のっているだけなので、食品の臭いは、漏れてしまいます。

けれど、臭いが強くない食材の保存には、大変便利です。

 

WECK

iwakiと同じくガラスの容器。

オーブン・電子レンジオーケー。

ほかの容器に比べ、リーズナブルなのも魅力です。

 

蓋はガラス製で、油汚れも簡単に落ちます。

 

ガラス蓋のみで、密閉は出来ません。

 

※ガラス蓋でも、専用のゴムパッキンとクリップ使えば、密閉が可能です。

ただし、開閉がメンドクサイ・・・。

 

簡単に密閉したい場合は、シリコン蓋がオススメです。

 

ガラス・シリコン以外にも、プラスチックの蓋などが、あります。 

 

ウェックでは、瓶詰めの保存食作りも楽しめます。

作った保存食は、常温で保存できるので、冷蔵庫なし生活を、目指している方にも、オススメですよ。

 

欠点は、丸い形しかないこと。

焼き魚など、平たい物の保存には、向きません。

平たい食品の保存には、前述のiwakiがオススメです。

 

野田琺瑯の保存容器

琺瑯製の保存容器。

密閉蓋が販売されており、密閉保存が可能です。

琺瑯製のため、電子レンジ不可、直火OKとなっています。

カレー汚れも、スルッと落ちます。

 

液体を冷凍保存する事が、可能です。

ガラス製品の保存容器は、液体の冷凍は、できません。

でも琺瑯なら、大丈夫。

カレー、シチューの冷凍保存には、野田琺瑯が大活躍します。

 

我が家は、ホワイトシリーズのレクタングル深型Sを愛用しています。

小ぶりの容器ですが、500㏄入ります。

大抵の常備菜は、コレに収まってしまいます。

 

野田琺瑯に、常備菜を作って、冷凍庫に保存しておけば、忙しい時も安心です。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

蓋つき保存容器は、ちょっとお高めですが、どれも長く使える物ばかりです。

揃えてしまえば、殆どコストがかからないので、結果的に安上がりになります。

※蓋や本体が破損した時のみ、コストがかかります。 

 

また、保存容器を買わなくても、身の回りの物で、ラップの代用品になる物は、たくさんあります。

 

ラップを使わない生活は、ゴミが減って、小金がたまりますよ^^

 

空き箱のギザギザ刃を取る時に、怖い思いをしなくていいし。

さらに、ラップを買いに行く手間もない。

 

本当に、ラクチンです。

 

是非試してみて下さいね^^

 

生活用品の代用品 一覧ページへ