小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による家事・子育てブログ。子育て漫画・買わない暮らしのコツなどを公開しています。

1歳2カ月の娘が、実家に一人でお泊りに行った話。


先日、ハナ(娘)が、ジジババの家にお泊りしてきました。

 

一人で。

しかも、3泊4日も!

 

生まれてこの方、何日も離れて過ごした事がなかったので、超心配でした。

 

と言うか。

泊まらせる気なんて、サラサラなかったんですが。

 

気がついたら、お泊りの方向になっていました^^;

 

でも、結果的には、良かったです。

 

ハナも、ご機嫌だったし。

親も、大助かりでした。

ジジババありがとう!

 

今回は、1歳2カ月でお泊りした、娘の話をします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

事の発端 夫婦共にダウン

1週間前くらいから、何故かハナの夜泣きが酷くなってしまいました。

 

夜中、5回起きるように。

しかも、起きると全く寝ない^^;

 

私は、夜通し抱っこしていました。

 

「気圧のせいかなー」と思って、気長に対応していたんですが。

寝不足が頂点に。

 

ある朝目覚めたら、猛烈な目眩が。

地面グラグラ。

 

立つのも無理でした。

 

夫は、夫で、風邪でダウン。

 

コレはいかん・・・。

 

そう思って、実家にヘルプの連絡をしました。

 

私「かくかくしかじかこう言う訳で・・・、3時間くらい、ハナを預かってもらえないかな?」

 

ババ「あらー、大変!じゃあ、ハナちゃん、うちに泊まりにくれば?」

 

私「は!?いやいや!無理でしょ!?まだ1歳だよ!?」

 

ババ「大丈夫よー^^日帰りで一人で来た時は、ご機嫌だったし」

 

私「・・・え、だって泊まりだと夜もあるよ?寝不足になるよ?それに、夜は、私が側にいないと、ハナは凄くぐずるよー」

 

ババ「大丈夫、大丈夫。子育ての経験値はあるもの^^厳しそうだったら、日帰りにすればいいじゃない?起き上がるのも大変な状況で、ハナちゃんのお世話できないでしょう?」

 

私「・・・う」

 

超正論を言われ、グゥの音も出ない私。

 

せっかくなので、お泊りする事にしました。

 

お泊り中の様子

初日

日中は、とてもご機嫌。

ジジババの家にあるオモチャ(ボールやアンパンマンカー)で、ニコニコ遊んでました。

お昼寝は、午後に1時間半程。

食欲も旺盛。

 

夜は21時半就寝。

オムツ濡れと喉の渇きで、0時、3時、5時に起きました。

でも、要求が満たされれば、すぐにネンネ。

 

2日目

ハナの様子が落ち着いていたので、1泊の予定が、3泊4日に延長に。

この日もご機嫌。

ベビーカーで、公園へ。

小学生のサッカーの試合を観戦。

楽しそうに、はしゃぐハナ。

 

食欲も旺盛。

夜は、21時に就寝。

この日も、夜3回ほど起きる。

 

3日目

日中帯はご機嫌。

 

が。

夜泣きが大爆発!

深夜と早朝に30分くらい泣いていました。

 

4日目

夜泣きは、あったけど、日中は、ご機嫌でした。

 

帰宅後

3日ぶりに、ハナと再会。

私の顔を見たら、直ぐに抱っこのサイン。

 

生まれてこの方、こんなに長く離れてなかったから、寂しかったよねぇ><

たくさん褒めてあげました。

 

帰宅後は、特にぐずりもなく。

夜泣きもなかったです。

 

お泊りが成功した訳

多少ぐずったものの。

振り返ってみると、初お泊まりだったのに、成功したんじゃないかなーと、思いました。

成功した理由を考えてみました。

 

よく祖父母の家に行っていたから

お泊りの前から、ハナはジジババの家に、よく行っていました。

 

少ない時でも、月3くらい。

日帰りで。

 

私は、貧弱で直ぐへばるので、よく助けてもらっています。

生後まもない頃から、通っていたので、今ではすっかり馴染んでいます。

 

祖母の声が母に激似だから

 私と私の母の声は、すごーくよく似ていますw

どっちの声か分からないと、言われるくらい^^;

 

そのせいか、生後間もない頃から、ババには、よく懐いていました。

育児に慣れているという事もありますが、声が似てるせいもあるんじゃないかなと、思っています。

 

たくさん遊んでもらえるから

ジジババの家に行くと、ハナはたくさん遊んでもらえます^^

家でも、遊んでいるんですが、家事で、どうしても構ってあげられない事も多く^^;

 

ぐずれば、直ぐ構ってもらえます。

ハナにとっては、居心地がいいみたいです。 

 

スポンサーリンク
 

 

1歳お泊りのメリット

1歳お泊りをやってみて、感じたメリットをご紹介します。

 

親が休める

最大のメリットですね。

本当にゆっくり休ませてもらいました。

ゆっくり自分の時間を持てたのは、1年ぶり以上でした。

 

卒乳のきっかけになる

卒乳がまだなので、心配だったのですが。

お泊り中、パイ絡みで、ぐずった事はなかったそうです。

 

家に帰ってきても、欲しがる訳でもなく。

卒乳できるんじゃないかなと、思いました。

 

※因みに。卒乳できそうだったのに、私が習慣で、飲ませてしまっているので、卒乳してません^^;

 

1歳お泊りのデメリット

子供が不安がる

親と3日も離れていたので、娘も不安だったみたいです。

ホントゴメンね。

お泊り中、夜泣きもあったり。

 

でも、最終的には、ジジババと一層仲良くなって帰ってきたので、良かったかな、と思いました。

 

ジジババが疲れる

小さい子の相手は、体力を消耗します。

娘のお泊りが終わった後、ジジババがヘトヘトでした><

申し訳なかったです。

 

心配すぎて心が休まらない

娘の様子が、気になって、心が休まりませんでした(笑)

初日は、3時間おきに電話していました^^;

 

スポンサーリンク
 

 

1歳お泊りで気をつける事

スムーズにお泊まりをするために気を付けた事を、まとめました。

 

預かる側の体調を考慮する

受け入れる側の、祖父母の体調を確認しました。

前述のとおり、子供の相手は、体力を消耗するので^^;

 

実家だと、気兼ねせずに、ホイホイ預けてしまいそうになります。

 

でも、こういう配慮も必要だなーと、ひしひしと、感じます。

ジジババ、ホントにありがとう。

 

生活リズムは壊さない

娘の普段の生活リズムを、預ける側に伝えておきました。

起きる時間、食事の時間、お風呂の時間などなど。

紙に書いて渡しました。

 

生活リズムを崩してしまうと、夜泣きが酷くなることもあるので、気を付けました。

 

薬もしっかり飲ませる

薬を服用している場合は、飲ませてもらうよう、お願いしましょう。

 

うちの娘は、湿疹のかゆみ止めシロップを飲んでいます。

服用のタイミングを、シロップの容器にマジックで記載しておきました。

 

好き嫌いを伝えておく

うちの娘は、超偏食なので、好きな物、嫌いな物を伝えておきました。

 

夜中電話OKと言っておく

「お泊り中は、困ったことがあったら、夜中でも電話してね」と実家に伝えておきました。

もちろん、携帯は常に手元に置くようにしていました。

 

1歳のお泊りは、アリ

お泊まりデビューは、3歳くらいかなーと思っていましたが。

あっさり、1歳でデビューしてしまいました。

 

お泊まりは、親としてはちょっとハラハラしますが。

娘にとっては、いい体験になったんじゃないかな、と思います。

 

お泊まりしてからというもの。

娘のババ好きに拍車がかかり、たまにババが、うちに来ると、飛びついています(笑)

 

お泊り検討されている方。

意外と大丈夫だったりするので、試しに預けてみては、いかがでしょうか。