小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による子育て・節約・商品レビューなどの雑記ブログ。

蓋を開けちゃう、回しちゃう。保湿クリームのチューブで、キャップ回しのおもちゃを、自作したよ。


保湿クリームやハンドクリームのチューブ。

赤ちゃん大好きですよねぇ~^^;

 

こういうやつ!!!↓

うちの娘も、例にもれず。

0歳の時は、年がら年中ガジガジ~。

 

1歳過ぎてからは、キャップを開けようとします^^;

 

「キャップなんて開けられんだろう・・・」

と高を括っていましたが。

 

なんとっ!!!

開けられるようになりました\(^o^)/

 

誤飲が心配で、チューブを、取り上げるとギャン泣き!

も~、困った困った。

 

毎回泣かせるのも可哀そうなので、空になったチューブで、キャップ回しのおもちゃを、作ってみました。

 

こんなの↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190831230203j:plain

作ったオモチャを渡したら、大コーフン!!

作って1ヶ月以上たちますが、毎日毎日、遊んでいます。

 

お風呂上りの保湿タイムも大活躍。

私の持っているクリームチューブを、狙ってくるんですが、作ったオモチャを持たせておくと、めっちゃ大人しいです!

 

今回は、クリームチューブを使った、おもちゃの作り方をご紹介します。

 

作ったオモチャで遊ぶ場合は、必ず見守ってあげて下さい。

子供って、親の想像を超える行動をするので^^;

安全な作りにしたつもりですが、万が一、事故、怪我があった場合、当ブログでは責任を負い兼ねますので、ご了承下さい。

市販のクリームチューブ型のおもちゃもあるので、心配な方は、こちらをどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

材料・必要な道具

 

紐は、100均でも売ってます。

我が家は、ダイソーの手芸用の物を、使いました。

ただし、コットン100%ではないです。

素材にこだわる方は、アマゾンでの購入が、オススメです

 

ビーズは、クリームチューブの口の直径より大きい物を、用意して下さい。

我が家は10㎜程度のウッドビーズを使用しました。

 

ビニールテープは、100均で絶対に買わないで下さい。

私は100均で購入したら、テープの両面がベタベタで、使い物になりませんでした(泣)

 

オススメは、ヤマトのビニールテープ

しっかり張り付くし、丈夫です。

工作に、大変重宝します。

 

キリはドライバーセットがあれば、それで十分です。

 

スポンサーリンク
 

 

保湿クリームのチューブのおもちゃの作り方

まず、空のクリームチューブを用意します。

 

我が家は、娘が使っている保湿クリームの容器を、使いました。

病院で、いつも処方してもらっている物です↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220309j:plain

「これでもか!」って、くらい絞り出した後なので、ぺったんこです。

 

このチューブの上を、カットします。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220303j:plain

 

チューブを広げると、クリームが残っていますね。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220258j:plain

クリームを、キレイに取り除いていきます。

まず、できる限り、指でチューブ内のクリームを、取ります。

取ったクリームは、家事でカサカサになった、おててに塗ると良いですよ。

 

次に、アルコールスプレーを、チューブ内に吹き付けて、ティッシュで、残ったクリームを拭き取っていきます。

 

口の部分は、綿棒で、フキフキ。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831223704j:plain

キャップの溝は、綿棒の先端を折った物で拭くと、キレイになります。

 

最後に、洗剤を付けて、スポンジでキレイに洗います。

 

コレで、ピカピカです!

 

因みに。

アルコールスプレーを使わないで、いきなり洗剤で洗っても、全然取れないので、気を付けて下さい。

保湿クリームというだけあって、しぶといです^^;

アルコールスプレーは、超大事。

 

キレイになったら、容器が乾くまで、干しておきます。

 

容器が乾いたら、キャップに、キリで穴をあけます。

 

穴は、キャップの外側から、内側に向かって開けます。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220252j:plain

2㎜の紐を通すので、大き目に開けます。

穴が小さい時は、大きく円を描くように、キリを穴の中で、グリグリすると、穴が大きくなります。

 

あきました↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220248j:plain

 

次に、紐とセロテープを用意します。

紐の先端を、セロテープで一周巻きます。

こうすることで、紐が通しやすくなります。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220502j:plain

 

紐を、通していきます。

キャップ、チューブ本体、ビーズの順で通します。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220441j:plain

 

ビーズ側の紐を、かた結びで、止めます。

取れないように、何回か結びます。

私は、6回くらい結びました。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220434j:plain

 

紐をカットします。

この時に、セロテープで補強した部分も、すべてカットします。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220727j:plain

 

紐をキャップ側から、引っ張って、ビーズを、チューブの中に入れます。

強めに引っ張って、ビーズが、チューブから外れない事を確認して下さい。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220719j:plain

 

キャップ側の紐を、数回かた結びします。

こちらも、6回ほど結びました。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220702j:plain

 

キャップ側の紐もカットします。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220654j:plain

カットし終わったら、キャップを強く引っ張って、紐がほどけない事を、確認して下さい。

 

ビニールテープで、クリームチューブの上部を塞ぎます。

まず、テープを、縦にグルっと張っていきます。

 

こんな感じ↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220907j:plain

 

裏から見たところ↓

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220903j:plain

 

端の部分まで、ぴっちり止めて下さい。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220900j:plain

 

この張り方で、上部をすべて塞ぎます。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831220857j:plain

 

次に、チューブに対して、横向きにビニールテープを張っていきます。

ビニールテープを横に巻いて、グルグル巻きに、していく感じです。

 

分かりやすいように、黄色いビニールテープで巻いています。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831221216j:plain

 

ぐるぐる~

f:id:kawanaiseikatsu:20190831221206j:plain

 

完成です!

f:id:kawanaiseikatsu:20190831221135j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

遊び方

蓋の上にある紐を、引っ張って遊べます。

f:id:kawanaiseikatsu:20190831230215j:plain

 

びょろ~ん

f:id:kawanaiseikatsu:20190831230211j:plain

引っ張ると、ビーズが口に引っ掛かって「カチ!」と、音がします。

 

蓋をクルクル回して、開けて遊べます。

キャップ開けの練習に最適です^^

f:id:kawanaiseikatsu:20190831230203j:plain

蓋が紐で固定されているので、誤飲のリスクは、ほぼゼロなんじゃないかと。

 

遊び方は、こんな感じです。

 

うちの娘、蓋が開けられない頃は、紐を引っ張って遊んでました。

 

今は、もっぱらキャップ開け。

 

開けると「できたよ!」と、見せてきます。

そして、「キャップ閉めて!」と訴えます(笑)

キャップ閉めにも、挑戦していますが、 まだできないのよねw

 

このおもちゃで、娘は、キャップ開けを、完全にマスター。

今では、大人と同じ手つきで、「クルクル~あらよっ!」と、開けてしまいます(笑)

 

指先にも、力が入るようになったみたいで、大きめのキャップも、スイスイ開けます。

 

嬉しい反面。

キャップを回して開けるタイプの容器は、うかうか低いところに、置けなくなりました^^;

 

でも。

 

うちみたいに、

「子供がキャップをあけちゃうよー><」

と困っている方には、とってもオススメです。

 

イタズラだったキャップ開けも、おもちゃのお陰で、知育の一環になってくれました^^