小さな衣食住

ミニマリスト専業主婦による子育て・節約・商品レビューなどの雑記ブログ。

キッチンの排水溝ネットはいらない。目の細かいステンレス製のゴミ受けが代用品にオススメ。


キッチンの排水口ネット

「ゴミがサッと取れて、便利!」

 

と、長年愛用していましたが。

 

排水口ネットを付けても、細かいカスは残るし。

配管にヘドロも溜まる。

 

「使う意味ないんじゃない?」

そう思って買うのを、やめました。

 

今回は、排水口ネットの代用品を、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

排水口ネットはナシで済ませる

排水口ネットの代わりに、ステンレス製のゴミ受けを、買いました。

 

コレです↓

我が家は賃貸。

 

賃貸に備え付けのゴミ受けは、目が粗すぎて、大きいゴミが流れてしまうんです。

 

でも、これは、かなり細かいゴミまで、キャッチしてくれる。

 

ゴミを取る時は、ティッシュで、ゴミをぬぐってあげれば、OK。

 

仕上げに、古歯ブラシを使って、ゴミ受けをゴシゴシ洗います。

 

排水口ネットを使わないメリット

節約になる

排水口ネットは、使い捨てなので、定期的に買い足さないといけません。

永久にコストがかかります。

 

目の細かいステンレスのゴミ受けは、1つ1000円くらい。

 

一度買えば、買い足す必要がない。

ずっと使える。

 

家計に、とっても優しいです。

 

ゴミが減る

排水口ネットは、使い捨てなので、最終的にゴミになります。

 

しかも、化学繊維。

 

マイクロプラスチックになります。

 

環境によくないです。

 

ステンレスのゴミ受けなら、ゴミを減らせます。

 

排水口ネットを使わないデメリット

少しゴミが排水口に流れる

我が家だけかもしれませんが、ゴミが少し流れてしまいます。

 

たまにですが。

 

というのも、使っているステンレス製のゴミ受けが、ちょっと排水口より小さいんです^^;

 

なので、水を流すと、たまーにゴミ受けが少し浮いて、細かいゴミが流れます。

 

「細かいゴミが、配管につまらないかな?」

と、心配でしたが、月1~2回くらい、パイプクリーナーを使ってあげれば、詰まりません。

 

 

オススメのパイプクリーナーは、パイプユニッシュプロ。

垂らすだけで、配管のヘドロが一掃できます。

 

もうね。

清々しいくらい、キレイになります。

 

ボトルもコンパクトで、かさばらないです。

 

ミニマリストとしては、嬉しい限り!

 

因みに。

排水口ネットを使っていても、ヘドロは溜まります。

パイプクリーナーは、ステンレスのゴミ受けでも、排水口ネットでも、必須です。

 

まとめ

我が家は、ステンレス製のゴミ受けを、半年ほど愛用しています。

排水口ネットを、買い足す手間もなく、節約になるので、大助かり^^

 

ゼロウェイストを心がけている方、節約したい方に、オススメです。

スポンサーリンク
 

 

 

生活用品の代用品 一覧ページへ 移動する