小さな衣食住

「買わない暮らし・持たない暮らし」を目指すミニマリスト主婦のブログ。必要最低限の持ち物と消費で、地球に家族に優しい生活を目指しています。育児漫画もあります。

ロングヘアーからショートカットに、セルフカットしたら人生変わった。


「ショートカットにしたい!」

 

ポカポカ陽気の4月下旬。

 

ムクムクと、そんな欲望が芽生えた。

 

ロングヘアーを貫いて、20年。

 

ショートにしようなんて、一度も思ったことはなかったのに・・・。

 

「ショートカットにせい!ショートカットせいぃい!」

 

日に日に、大きくなる心の声。

 

そして、

 

ある夜。

 

ジョキジョキ、バッツン!!!

 

やっちまいました。

 

ロングから、ショートに。

 

風呂場で、すっぽんぽんになって、

 

セルフカットしちゃった★

 

洗い場一面、毛の海。

 

ホラーかよ・・・。

 

私を見て、目を丸くする夫。

 

夫「いったいどうしちゃったの!?」

 

 

その日から、

 

私の人生は変わった。

 

「軽い!頭が軽すぎる!」

 

「毛ない!洗うのラク!」

 

「もう娘に、毛を引っ張られない!」

 

最高か・・・ショートカット・・・。

 

スポンサーリンク
 

 

 

ショートカットと苦い思い出

人生で1度だけ、ショートカットにしたことがあった。

 

小学生の時、

親のススメで、なんとなく。

 

カットしてもらった直後は、気に入っていたのだけれど、

 

翌日朝起きたら、ボンバー!!!

 

剛毛だったため、頭が3倍に膨れ上がってた。

 

当時、ワックスの存在も知らず、

 

毎日毎日、ボンバーヘアーで登校。

 

・・・死ぬほど恥ずかしかった。

 

親は、「かわいい」とか言って、ごまかすし。

 

「二度とショートにはしない」

 

ココロに傷を負った子供は、それから20年、ロングヘアーを貫き通した。

 

ロングヘアーは育児で邪魔でしかない

20年後、子供は、オバチャンになった。

 

そして、出産。

 

子育てに奮闘する毎日。

 

 

結んだ髪を引っ張る娘、

 

髪を洗っている最中に、ギャン泣き、

 

髪を拭いている最中に、ギャン泣き、

 

風呂上りに髪から滴る水、

 

・・・じゃま

 

頑なに貫いてきたロングヘアーだったけれど、

 

すっっごく、じゃまぁぁぁああ!!

 

 

オマケに春になって、段々蒸してきた・・・

 

ということで、冒頭のセルフカットを断行したのだった。

 

余談ですが、私は、美容院が大大大嫌い。

 

整髪料の匂い、カット中のトーク、カット後のセールストーク、何もかもが嫌。

 

なので、万年セルフカット族。

 

人生初、セルフカットでショートヘア

何年もセルフカットをしてきたけれど、

 

ショートには、したことなかった。

 

なので、めちゃくちゃ緊張。

 

失敗したらどーしよっかなぁ・・・

 

まぁ、コロナ流行ってるから、あまり人に会わないけど。

 

ジョキン。

 

ああ、

 

切っちゃった、もう後戻りできない。

 

ジョキン。

 

あ、なんか楽しい!

 

ジョキジョキ、

 

ジョキジョキジョキジョキ・・・・・・

 

あっという間にショートカットに。

 

でも、ずいぶん不格好。

 

ロングと違って、毛先が見えない。

仕上がりのチェックが難しい。

 

毎日、鏡で髪の毛をチェックして、3日かけて、整えました。

 

剛毛だから、朝は、もちろんボンバー。

 

でも、大丈夫。

 

ワセリンを、ワックス代わりに使ってます。

 

臭いもない、安価。

ワセリン最高。

 

ショートにして、

周りから、「変!」って言われないか、ビクビクしていたけれど。

 

夫は、

「まぁ、ロングの方が好きだけど、いいんじゃない」

と一言。

 

先日、

 

通院の時に、看護師さんにセルフカットの話をしたら、

 

病院の方が、6人くらい集まって来てしまって、

 

とってもビックリ^^;

 

「すごいですね!」とほめて頂きました。

 

コロナで、美容院がやってないから、みんな困っているのかもしれないですね。

 

スポンサーリンク
 

 

髪を短くすると心も軽くなる

というのは、金言。

 

ホントにそうでした。

 

髪の手入れが楽になって、育児のストレスも減りました。

 

残りの人生は、ショートカットで過ごしたいなぁ。

 

と思った、今日この頃でした。

 

こんな記事も読まれています↓