小さな衣食住

「買わない暮らし」を目指すミニマリスト主婦のブログ。必要最低限の持ち物と消費で、地球に家族に優しい生活を目指しています。育児漫画置いてます。最近、色弱について、体験談を書き始めました。

色弱・色覚異常だけど、鉄道関係の会社に就職した話


f:id:kawanaiseikatsu:20200621072950j:plain

こんにちは、色弱のうな重です。

 

今は専業主婦ですが、昔、鉄道関係の会社で働いていました。

 

新卒枠からの採用で、コネは一切なし。

 

「色弱は、鉄道関係の会社に就職できない」

 

なんて噂もありますが、

 

そんなことはないです。

 

運転手などは、未だにNGですが、

 

時代と共に、ちょっとずつ色んな職が、解禁されています。

 

今回は、

 

私が鉄道関係の会社に就職した経緯、

 

色弱で業務はできたのか、

 

を、中心にお話していきますね^^

 

スポンサーリンク
 

 

 

色弱だけど鉄道関連会社に内定をもらった話

2009年。

 

私は、就職活動中の大学生でした。

 

運の悪い事に、リーマンショックで、就職氷河期(泣)

 

リーマンショック前

大学「まぁ、君たち、就職できるから、大丈夫だよ」

 

リーマンショック後

大学「君ら、就職できないかもねぇ、あはは(´∀`)」

↑ほんとに言われた。

 

私「ぴぎぃ!!∑∑(´Д`;;) 」

 

やばい!

 

将来は、ニートか!?

ニートなのか!?

 

くそっ!(^ω^#)

 

就職しても、内定取り消しなんて、話も聞いたし…

 

潰れにくそうな業界に、就職したい!

 

そうだ、インフラだ!

 

あ!

 

丁度、A社が、募集してる。

 

鉄道業界かぁ…(・ω・)

 

鉄道なくならないから、安泰じゃん。

 

あれ?

でも、鉄道って、色弱駄目じゃなかったっけ?

 

ま、いっか!

 

受かる訳ないけど、腕試しで応募しとこ(・∀・)

 

「鉄道=安定してそう」

 

なんとも打算的な理由で、エントリーしたのでした。

 

そして、

 

数日後。

 

A社のメール「エントリーシート見たよ、筆記試験来いよ」

 

私「わぁお!」

 

筆記試験会場

 

私「え…ムズカシ…皆こんなの分かるの!?え?( ゚Д゚)ポカーン」

 

※因みに、色が分からないと、解けない問題は、一切なかった。

 

ハテナマーク連続の後に、終了。

 

・・・

 

数日後

 

A社メール「面接すんぞ」

 

私「ナニこの奇跡∑∑(・ω・)」

 

私「え!?え!?私、分からなかったところ、鉛筆転がしたよ??(とんでもねぇ)」

 

私「答案用紙が、奇跡的に天才のヤツとチェンジしたのか???」

 

・・・

 

面接会場の待合室

 

受験者A「どこ大学ですか?」

 

私「三流…大学…で…す」

 

受験者A「俺、東大です。」

 

私(おうち帰る!!。゚(゚´Д`゚)゚。 )

 

東大に勝てる訳ないじゃん!

 

採用担当「うな重さん、面接室にどうぞ〜^^」

 

私「ひゃい∑∑(´Д`;;) 」

 

採用担当「緊張しなくていいよ^^じゃあ、志望動機教えてね。」

 

私「や、優しい…」

 

…トゥンク

 

謎のときめき。

 

当たり障りのない内容を応えて、面接は終了しました。

 

・・・

 

面接の数日後

 

ぷるるる

 

私「あ!電話だ!」

 

A社「こんちには。うな重さんですか?内定となります。」

 

え!はっ!?∑∑(´Д`;;) 

 

幻聴かな??(´・ω・`)

 

内定と聞いても、全く実感がわかず…

 

だって、鉛筆転がしたし…

 

私「あ、え、あ、あ~、ありがとうございます。お受けさせて頂きます。今後とも宜しくお願いいたします。」

↑一刻も早く就職活動終わらせて、残りの大学生活遊びたかった。

 

ピッ (電話切った)

 

えええええ!?!?

 

なんかよく分からんけど、内定とったどおおおおお!!(・∀・)

 

わーい、わーい!

 

わー…

 

アレ??

 

そう言えば、色弱は??

 

健康診断なかったよね??

 

あれ、え。

 

色弱で、内定取り消し。

 

新入社員、色弱のため、解雇。

 

脳裏に、不吉な文字が、浮かびました\(^o^)/

 

スポンサーリンク
 

 

色弱で内定取り消しになるのか

内定取り消しの恐怖に怯えた私。

 

大学の就職課に、泣きつきました。

 

私「うええええ!内定とっちゃったああああ!どうしたらいいんですかぁああああ。゚(゚´Д`゚)゚。」

 

就職課「は?!ん???(・ω・)良かったじゃないですか。おめでとう(^ω^)」

 

私「私、色弱なんです。色弱なのに鉄道系の会社に内定とっちゃって…後で取り消しになったら、どうしようかと…ぶわぁああ( ;ω; )」

 

就職課「採用試験で、色覚の検診はなかったの?」

 

私「なにも…」

 

就職課「色覚異常を採用したくないなら、会社は、試験に色覚検査をいれるよ?

検査しないのに、内定取り消したら、不当な取り消しだよ?だから、大丈夫。」

 

私「でも…でも…( ;ω; )」

 

就職課「うーん…ちょっと待ってね…」

 

そう言って、就職課の方は、分厚いファイルをパラパラ…

 

就職課「あ!A社に入社したOBがいるよ。電話して、業務の事を聞いてみたら?アポとってあげるから。」

 

私「あ、ありがとうございます。」

 

後日、

 

OBの方と話したところ、私くらいの色弱であれば、全く問題ない事が、分かりました。

※私の色弱の程度については、こちらをご覧下さい。

 

と言う訳で、晴れてA社に就職する事になりました。

 

鉄道系の会社に就職して、色弱で困る事

あくまで、私が仕事をしていた時に感じた主観です。

全部の仕事に当てはまる訳ではないので、ご注意下さい。

 

私は、大抵の色が区別できる色弱なので、業務で困った事は、全くありませんでした。

 

色の見え方が多少、人と違っても、区別できるのであれば、問題なかったです。

 

体感としては、24色の色鉛筆が、瞬時に判別できれば大丈夫じゃないかな、と思います。

 

赤と緑の区別が難しいなど、特定の色が判別できないと、業務に支障が出る可能性があります。

特に、赤、青、黄、緑などの原色で、ハッキリしたカラーは、判別できないと困ると思います。

 

何度も書きますが、あくまで、私が仕事をしていた時の体感です。

 

色の見分けがもっと必要になる職業もあるかもしれませんし、逆に全然わからなくても問題ない職業も、あるかもしれません。

 

個人的な見解ですので、あしからず。

 

スポンサーリンク
 

 

色弱で、鉄道関係の会社に、就職を希望する時に気をつけたい事

志望企業が色弱・色覚異常でも採用してくれるかを確認する

鉄道関連企業では、色覚異常の方を、採用しないところもあります。

 

まぁ、色覚異常というだけで、門前払いされます。

※私もやられた。

 

ダメな会社は、例え、私のような軽度の色弱であってもダメ。

「とにかく色弱がダメ!絶対!」って感じです。

 

なので、志望企業が色覚異常でも採用してもらえるかを、調べる必要があります。

 

残念ながら、採用情報のページには、そういった情報が載ってない場合もあります。

私の時代は、全く載っていませんでした。

 

情報を集めるには、企業開催の就職説明会、学校の就職課、色弱相談窓口(後述)などを利用すると良いですよ。

 

とある大手の説明会では、「色覚に異常のある方は、採用できません」と明言していました。

資料には、なかったけど。

 

ちょっと大変ですが、実際に、足を動かして、確実な情報を得る必要があります。

 

就職活動で困ったら、就職課へ

学生の場合ですが、色弱の事で、ちょっとでも悩みがあるなら、まず学校の就職課に、相談しましょう。

 

必ず力になってくれます。

 

就職課は、OB、OGのデータも把握している上に、他の色弱の学生の就活状態も抑えています。

 

色々情報を教えてくれますよ。

 

私が相談した時も、すごく力になってくれました。

 

今でも、就職課には、めちゃくちゃ感謝しています。

 

相談できる場所が無いなら色弱相談窓口へ

就職課はポンコツだし、親もダメ。

そうなったら、色弱の相談窓口を頼ってみるのもありです。

 

私が調べた限りでは、相談出来そうなところは、2箇所ありました。

 

ボランティアグループ ぱすてる↓

www.pastel.gr.jp

 

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構↓

www.cudo.jp

 

私は利用したことが無いですが、困った時は、聞いてみるのも、ありだと思います。

 

志望企業の業務をしっかり確認する

自分の色覚で業務がこなせそうか、会社の業務内容を確認しましょう。

 

私のように学校の就職課経由で、OB、OGに話を聞くのもオススメです。

 

入社後、困った事があれば、すぐ上司に相談する

仕事で困った事があれば、すぐに上司に相談してください。

 

「色が分からないけど、多分こうかな?」

という感覚で、業務をやってはいけません。

 

絶対に、です!

 

大勢の人に、迷惑がかかります。

 

自分自身の信用もなくなるし、

 

「やっぱり色弱はだめだ」のレッテルを、貼られてしまいます。

 

今後の採用に響いたら大変。

 

色弱と分かったら、上司も、仕事を考えてくれます。

 

上司がポンコツだったら、人事に相談すれば大丈夫です。

 

必要があれば、周りもカミングアウト

業務が大変なら、周りにも、カミングアウトしましょう。

 

勇気がいりますが、きっと手を貸してもらえます。

私の場合、カミングアウトする必要がなかったので、しませんでした。

 

鉄道業界は体力勝負である

職種にもよるかもしれませんが、鉄道業界って、体力勝負のところがあります。

 

私の職種は、かなりキツかったです。

 

因みに、私がA社を退職したのも、体力的な理由でした^^;

 

最後に

為になるのか、ならないのか、

 

ようわからん体験談でしたが…

 

一つでも、就職で悩んでいる方の参考になれば嬉しいです^^

 

で?

 

結局、鉄道のどんな仕事してたの?

 

と、突っ込まれそうですね^^;

 

すみません!

 

身バレが怖いのと、守秘義務があるので、書けません!

 

意外と世の中狭いのよね・・・ブルブル

 

私も色弱で、就職の時すっごく悩んだので、

 

ホントは、包み隠さず書きたいんですけど、

 

迷惑をかける訳にいかないので、どうかご勘弁をm(__)m

 

職業差別が、なくなれば良いなぁと、つくづく思います。

 

色弱の就活生!頑張って~!!

 

世知辛い目に合うこともあるけど、きっと大丈夫だよ!

陰ながら、応援してます^^

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

色弱の記事一覧へ