小さな衣食住

必要な物以外、買いたくない、子持ちミニマリスト主婦のブログ。物を買わずに済ませる方法や、物欲との戦いについて書いています。その他にも育児漫画、色弱体験談など、思いつきで色々書くよ。

夫の兄弟が自閉症。親亡き後が、不安でしょうがない。


夫の兄が、自閉症です。

 

それを承知で、結婚した妻、うな重です。

 

承知で結婚したものの、

 

正直、不安は尽きません。

 

特に、

 

義親が亡くなった後、どうするの?

 

という問題。

 

俗に言う、

 

「親亡き後、問題」

 

ですな。

 

義親は、今のところ、健在です。

 

でも、ふとした時に、

 

「これからどうなるんだろう…」

 

と思う事が、あります。

 

スポンサーリンク
 

 

 

義親が死んだら、施設に入る予定だけど…

現状、義実家に住んでいる、義兄。

 

義親「私が死んだら、義兄は、施設に入れる予定。だから、面倒見るとかは、ないよ。」

 

結婚の時、そう言われました。

 

ただ、

 

おいおい分かったんですが、

 

入れる施設が決まっているとか、そういう訳ではなく、

 

ぜーんぶ、役所任せ。

 

「私が死んだら、義兄の事は、市の〇〇課に電話しなさい」

 

と言われました。

 

役所と言えば、タライ回し&対応遅いマンじゃないかぁ〜!

 

親がポックリ逝った後、そんな都合よく、ホイホイ入れないだろうに…

 

絶対、待機期間、あるよね?

 

どうすんの?

 

うち、娘小さいんだけど・・・。

 

いくら義理の兄弟でも、

 

幼子と一緒に、したくないなぁ…

 

女の子だもんよ。

 

私も、夫以外の人間と、住みたくないし。

 

もちろん、

 

夫も、同居は嫌と言っている。

 

スポンサーリンク
 

 

きょうだい児と結婚した理由

そんなに、心配なら、障害者の兄弟と結婚すんなよ!

 

と、言われそうですが、

 

だってさー、しょうがないじゃん!

 

好きなんだもんよ。

 

夫が。

 

好きだったら、一緒になりたいじゃんかよ。

 

好きになった人の兄弟が、たまたま自閉症だったんだもんよ。

 

確かにね、

 

面倒事を避けたいなら、結婚しなきゃ良かったかも、しれないよ。

 

でもね。

 

夫と別れるのと、きょうだい児と結婚するのどっちがいいか、

 

天秤にかけたら、夫が、良かったんだよ、わたしゃ。

 

だから、結婚した訳さ。

 

それにさ、

 

面倒事がない家なんで、どこにも無いよ?

 

結婚相手の兄弟が、プーだったら?

 

義母が、鬼嫁だったら?

 

遺産問題で揉めるかも!

 

大なり小なり、どの家庭も面倒事を、抱えてるよね。

 

私が結婚して、義兄の事を背負ったと同時に、

 

夫も、私の面倒事を、背負ってくれたのね。

 

私はね、

 

色弱という、遺伝性の障害を持ってましてね。

 

その事で、悩みながら、生きてきたんよ。

 

「色弱なんて、気にしないよ」

 

夫は、そう、言ってくれたんだよね。

 

「子供が、色弱になってもいいよ」

 

と、言ってくれたんです。

 

それに私は、

 

キレやすいし、

 

躁鬱だし、

 

愚痴のマシンガンだし、

 

身体ガタガタだし、

 

突然、謎の奇声を発するし、

 

オナラぶっ放すし、

 

まぁまぁ、

 

よくこんな女と結婚したなと、思います。

 

義兄の事はあるけれど、

 

こんな面倒な人間と、

 

結婚してくれる人間は、夫しかいなかったよね、絶対(笑)

 

夫婦の方針は固まってるよ

同居はしない、

 

関わりは、必要最小限。

 

親亡き後どうするか、

 

夫婦間での考えは、完全一致。

 

だから、結婚したというのもあります。

 

「同居して!」って言われたら、流石に、引いてたかも。

 

ひどい!

可哀想!

 

という人もいるかもしませんが、義親も、そう言ってるし。

 

うちの問題なので。

 

アンチはわかなくて、いいからね。

 

「夫を義兄の呪縛から開放してあげたい」

 

という、私の勝手な思いもあります。

 

夫は、義兄が嫌いです。

 

「関わりたくない」と、言っています。

 

「それは、言い過ぎじゃ…」

 

付き合ってた時、そう思いました。

 

でも、

 

言い過ぎじゃなかった。

 

夫は、小さい頃から、何をするにも義兄、義兄だったんです。

 

外食に行けば、奇声で、恥ずかしい思いをし、旅行も全く行けない。

 

「やりたい!行きたい!」と言っても、

 

叶えてもらえなかったんです。

 

あげく、義兄の事で異性から、フラたり。

 

こんな状況で、義兄が好きだったら、逆にスゴイよね。

 

大人になっても、親亡き後の問題が、亡霊のように、ついて回る。

 

見ていて、不憫です。

 

私には想像できない、辛い経験をしてきた人です。

 

今も、義兄の事で、悩んでます。

 

「二人で考えれば、なんとかなるよ。」

 

と、根拠のない慰めをする、私。

 

もう、彼も中年。

 

そろそろ、手放しで、自分の人生を歩んだら、ダメなんでしょうかね?

 

娘が小さいので、腰を据えて、義親と話せていないのが、現状です。

 

遠くに住んでるから、中々会えないしねぇ…

 

「義親が、生きているうちに、義兄を施設に入れてもらえるのが、ベストだよねぇ…」

 

夫婦で、そう言い合っております。

 

義親に、次に合う時、

 

一歩先の話ができればいいなぁ。

スポンサーリンク