小さな衣食住

必要な物以外、買いたくない、子持ちミニマリスト主婦のブログ。物を買わずに済ませる方法や、物欲との戦いについて書いています。その他にも育児漫画、色弱体験談など、思いつきで色々書くよ。

持ち物へのこだわりがない人こそ、最強のミニマリスト。


ミニマリストこだわりの一品。

 

素敵な家庭のこだわりの家具。

 

ネットでも、雑誌でも、よく見かける「こだわり」

 

「こだわりがあるなんて、かっくい〜!」

 

若かりし頃、私はそう思っていました。

 

だけど、今は逆。

 

むしろ、

 

こだわりは、厄介者。

 

こだわりのない人間こそ、最強!

 

と、

 

今は、思っています。

 

スポンサーリンク
 

 

 

なんとなく買った物は、かっこ悪いのか?

安いから買った、

 

間に合わせで買った、

 

衝動買いした、

 

マキシマリストだった、若い頃の私。

 

周りは、そんなもので、溢れていました。

 

モノを捨てまくって、晴れてミニマリストへ。

 

が、

 

そこに、沼が待ち受けていた!

 

「こだわりの持ち物」

 

という沼。

 

「こだわりの持ち物かぁ!」

 

「かっこいいなぁ!」

 

私の周りには、こだわって買ったものなんて、ほとんどなかった。

 

ただ、なんとなく、

 

間に合わせで、安かったから、買った物ばかり。

 

「な、なんかダサい?」

 

「・・・これはイカン。」

 

「捨てよう、適当に買った物たちを!」

 

「すべての品を、自分が満足する、こだわりの品にするのだ!」

 

今考えると、アホみたい。

 

最高の品など、どこにも無い

社会人だった頃の私。

 

金に余裕がありました。 

 

身の回りの物に、金をぶっこむ!ぶっこむ!!!!

 

バッグ、靴、服、ペン、あらゆる物に。

 

「わーい!」

 

「今までの私とは、もう違うぞ!」

 

「みんな、こだわりの一品だぜ!」

  

と、

 

喜んだのも、束の間。

 

「あれれれ・・・」

 

「この革バッグ」

 

「こだわって買ったけど、肩こりが酷い…」

 

「もっと軽いのにしよう。」

 

ゴミ箱にポイ。

 

「今度は、軽くなったけど、型崩れ激しいなぁ」

 

ゴミ箱にポイ。

 

「ん〜、なんか、物が、取り出しにくい!」

 

ゴミ箱にポイ!!!

 

こだわって買った物であっても、

 

使っていくうちに、何らかの不満が出てくるんです。

 

買い替えても、買い替えても、同じ。

 

金は、どんどん吸われてく。

 

「あ…」

 

「100%気に入る最高の物なんて、この世に、ないんだ。」

 

30代、

 

私は、ようやく気がついた。

 

こだわりのない人こそ、最強である

一方、

 

私の夫。

 

物は使えりゃ、何でもいい。

 

スーツ、ワイシャツ、靴、財布などなど、

 

身の回りの物は、全て安物。

 

カードケースは、学生時代教習所で貰ったもの。

でも、十年以上使ってる。

 

夫「これ、買い替えてもいいかな?」

 

持ってきたのは、スーツのズボン、

 

股に穴がポッコリ。

 

私「買い替えて下さい!^^;」

 

夫は、物が機能しなくなるまで使うんです。

 

使えるのに捨てる、なんてことは、しない。

死んでもない。

 

かっこいいなぁ…

  

デザインが気にくわなくても、

 

何となく買った物でも、

 

ちょっと不便でも、

 

物として機能するなら、使い続ける。

 

直せないくらい、ボロボロになって、はじめて捨てる。

 

物は、本来こうあるべきじゃないのか。

 

ふと、そう思いました。

 

スポンサーリンク
 

 

こだわりの品は、執着の品

「特集!ミニマリストこだわりの逸品!」

 

ネットの記事の見出し。

 

鼻で笑ってしまった。

 

「こだわり」

 

聞こえはいいけど、

 

要は、

 

「執着」

 

執着は、人を狂わせる。

 

こだわりの一品を、探し求めて、私に残ったのは、

 

虚しさだけ。

 

どこまでいっても、一点の曇りもない品なんて、見つからないんです。

 

物を探す時間、資源、お金。

 

こだわりの一品のせいで、大事な物を失ってしまいました。

 

どんな物にも、欠点はある。

 

人間は、それを受け入れて、使い続けないといけないんです。

 

物は、欠点を直せない。

 

でも、

 

人が物に、合わせる事はできる。

 

物と人との付き合いって、人間関係にちょっと似ているよね。

 

「他人を変えようとしない」

 

円満な人間関係を築くための大切なポイント。

 

文句を言わず、手元にある物を、使い切る。

 

それこそ、真のミニマリストじゃなかろうか。

 

持ち物に、こだわりのない人間こそ、最強!

 

と、叫びたくなった、今日この頃でした。

 

「物を持つことは執着」と教えてくれた、禅のお坊さんの本。

無宗教だけど、私のバイブル↓